ザ・ガーデン|庭づくり エクステリア 外構のプロフェッショナル

庭づくり、エクステリアはプロにおまかせ。
ザ・ガーデン
ザ・ガーデンは鹿児島・宮崎に4店舗!平成24年度施工件数1,187件の実績! 2020年度施工件数 1416件 の実績!
宮崎エリア
鹿児島エリア
お気軽にお近くのザ・ガーデンへ ご相談・お見積無料!お問合せはこちら

ブログ

朝の悩み

カテゴリ:お庭

2022.12.20

こんにちは。
設計センター 福岡です。

12月に入り、いよいよ今年も終わりが近づいてきました。
寒さも本格的になり、朝布団から出るのが億劫になってしまいます。

そんな寒い日の朝、車に乗ろうとしたら霜でフロントが真っ白ってことありませんか?
出勤前の忙しい時間、急いでいるのに車をすぐ出せない!と焦ってしまいますよね。
そもそもどうして、車のフロントガラスに霜が降るのでしょうか・・・。

霜とは、冷えた物体の表面に空気中の水蒸気が昇華し、氷の結晶として堆積したものです。
霜は「冬のよく晴れた雲のない日の翌朝」に降りやすいというのをご存知ですか?
これは、天気予報でよく聞く「放射冷却」という現象によるもの。

太陽の光が地表面に当たっている昼間は、地表面は太陽放射を受けて温度が上昇しますが、
逆に夜間は、地表面から宇宙空間に向けての放射があり、地表面の温度は低下してしまいます。
この時、大気中に雲が存在すると雲からの放射を地表面が受けることにより、地表面の温度低下が妨げられます。
一方、雲が少ないよく晴れた夜間には、地表からの放射はそのまま宇宙空間に放出されるため、地表付近の温度が低下しやすくなります。
この状態を放射冷却といいます。

では、霜が降る原因が解ったところで何か効果的な対策がないか調べてみました。

①凍結防止シートを使用する
フロントガラスを覆うことで、どれだけ冷える朝でも霜が降りる心配はありません。

②ガラスクリーナーや撥水剤を使用する
フロントガラスが汚れていると水蒸気が付着しやすくなり霜の原因となります。
あらかじめフロントガラスを綺麗にしておくことで霜が抑えられます。

でも毎回の作業が面倒という方いませんか?
そんな方にお勧めなのがカーポートです!

「冬のよく晴れた雲のない日の翌朝」に霜が降りやすいということは、雲の代わりになるモノを設置すれば良いのです。
カーポートは雲の代わりに地面から放出された熱をカーポート内にとどめるので、霜の付着を抑えてくれます。

しかもカーポートには冬場の霜対策だけでなく、夏場は車内温度の上昇を抑える効果などメリットがいっぱいあるのです!
皆様も是非、冬の悩みを一気に解決してくれるカーポートを検討してみてはいかがでしょうか?

ザ・ガーデンでは、沢山の商品カタログや施工例をご用意しておりますので、お庭のお悩みなどご相談ください。

一覧へ戻る

ページトップへ